品質管理体制

信頼を担う優れた安全性を重視した品質管理

化粧品容器を中心にご提供するにあたり、当社は何よりも優れた安全性を重視しています。
それはつまり消費者の方にとって安心してご使用いただける容器であること。
そこに企業の一商品としての信頼を担っていることを常に念頭に置き、
日本における長年の実績・経験をもとに徹底的な品質管理を行っています。

検査(計測・機能テスト)

【設備】
・真空デジケーター
・恒温槽
・ハイトゲージ
・デジタルトルクメーター
・デジタルフォース
・計量器
 etc.

  • 真空テスト
    真空装置で減圧し、液漏れテストを行います。
  • 恒温テスト
    高(低)温の過酷な状況下にて耐候テストを行います。
  • 圧縮・牽引テスト
    ネジCAPの開閉トルクやOVCAPの開閉強度テストを行います。
  • その他、商品に応じて適切な検査を行います。

検査

【設備】
・検査ライン
・エアーシャワー
・イオンパーツクリーナー
・トレークリーナー
 etc.

[クリーンルーム]
常に空気を循環させ陽圧(※)にすることで、ドアの開閉や人の出入りの際の埃や異物の侵入を防ぎ、室内をクリーンに保っています。
※気圧を高く保つ

  • [搬入]
    クリーンローラーで段ボール箱の表面の汚れを落とし、エアーシャワーを経てから搬入。
  • [エアーシャワー]
    クリーンルーム専用の帽子・白衣・靴を着用し、エアーシャワーを経てから入室。
  • [検査ライン]
    自社基準に基づき、容器のカケやキズ、色調から汚れ、印刷の不良などに至るまで、検査員の目で厳しく検査します。
  • [イオンパーツクリーナー]
    静電除電エアーブローにて、容器に付着した埃や異物を取り除きます。
  • [トレークリーナー] 自社開発品
    静電気を帯びやすく粉塵が付着しやすいトレーや緩衝材も、専用の除電ブロー式エアー洗浄機によって、より効果的にクリーンに保ちます。動画によるご説明
  • [搬出]
    検査終了品は二重カーテンの搬出口より搬出。
  • 抜き取り検査
    基準サンプルと比較し、機能的、外観的に違いがないか確認。
ページの先頭に戻る